C研究所

1/2ページ

自分って何者?名刺のセミナー無事に終了!

名刺ってそんなに奥が深かったんですか? 1dayセミナー終わりました!!   超少数セミナーで、 おのおのの世界観交換、視点の共有をしながら 自分の棚卸をしていきました。   慣れない作業で産みの苦しみを体験していただきましたが ほんとに新たな自分を「自分が何者なのか?」を 発見していただきました。   こんなセミナーでした。 起業のための「名刺ってそんなに奥が深いん […]

いつかは起業をしてみたい。の人がまず読んで欲しい記事 その2

夢を叶えましょう〜。 イメージしたものが現実化します! いついつ、どこで、どんな風に、 自分の夢が叶った場面を 具体的に書き出してみましょう〜!   もちろん大切なことです。 私もやってます。   大事なことはここから。   うまくいかなかった時のことも考える。     大抵の人は 「ネガティブなことは考えない」 「いいことしか信じない」 「うまく […]

ひらめくランチ会 その1

私の定義ですが、ひらめきとは 「自分の個性が生かされたアイデアや工夫のこと」 としています。 つまり、自分のこれまでの経験や体験が種となり、 点と点が結びついた時に思いつく新しい視点、 とでもいいましょうか。     このひらめき、仕事だけではなく、 日常毎日を過ごす上でも実に重要なものだと私は考えています。 ・十分な道具がないけど何かを作らねばならない時 ・問題につまづいた時 […]

問題解決のための掘り下げのコツ やり方 その3

前回、脳内整理の方法の一つとして こんなことをご提案しました↓ 問題解決のための掘り下げのコツ やり方 その2   さて、実際に「ふせん」を使った思考整理の方法をお伝えしましょう。   例として、都内で癒しサロンを営んでおられるA子さんに登場していただきます。 A子さんにとにかく自分の癒しサロンについて 最近考えていることを書き出してくれ。と伝えました。   そしたら […]

問題解決のための掘り下げのコツ やり方 その2

前回、掘り下げに必要になるスキル 発想力と思考力のうち 発想力の鍛え方についてお伝えしました。   問題解決のための掘り下げのコツ やり方 その1 今回は「思考力」についてです。   情報整理する力は慣れるまで目に見える形で 整理するとわかりやすいです。 そのためにお勧めしたいのが「ふせん」です。   クローゼットの中でも、引き出しや小物入れがあるから 整理整頓されて […]

集客力が上がる!売り上げが上がる!自分の強みがわかる!ってどうやって???

ふむふむ、なるほど、そうやってやるのね! OKOK。 っていろんなセミナーに出て 本を買って読んで メルマガ読んで レポート読んで 学んだ後、勉強した後 読み終わった後。   なんだかスッキリして よっしがんばろう!!!って燃えてきて モチベーションがぐんぐん上がってきて って実際にやろうと思ったけど   どっからやったらいいんだろう??   え、 相手に伝わるように […]

不快な出来事から紐解くコミュニケーションの価値観

「コミュニケーションにおける独自見解」 ※プライバシーに抵触する恐れがあるため 若干内容を変えてお届けします。   先日、とあることで超不快な気持ちになりました。   その場のノリで「靴下ははかない〜」と言ってると (実際には履きます) それはダメよ! 靴下履かないとダメよ! 靴下履かないと年取ってからうんぬんかんぬん   瞬間的に拒否反応と防御反応が起きました。 で […]

自分の未来を外注する人、しない人。

常に何か新しいことを学ぼうとする姿勢。 それはとても素晴らしいことですが、 それは新作のプラモデルが出ると買って コレクションすることと何が違うのでしょうか?   いろいろなことを学び回るのを コレクションとするのであれば それは全く問題はありません。   が。自分の仕事を充実させようと いろいろな人のメソッドを買っては次に 買っては次に、習っては次に、習っては次に。 &nbs […]

「あの人が言ってた」権威を乱用する人ほど自分がない。

前回の続きです。 https://cestsibon.work/post-580/ ティーチングをお勧めしないのは 受け取ることばかり 教えてもらうことばかり 習うことばかりで   起業家にとって、仕事をする上で とっても重要で必要な能力が全く育たないからです。   誤解のないように言えば、 教えてもらって、その中から自分に必要なエッセンスを 引き出し、自分に置き換え、 気づき […]

起業家なら、人から習うことや教えてもらうことをやめた方がいい。

起業家なら、人から習うことや教えてもらうことを やめた方がいいとタイトルで言い放ちましたが、   正確には、教え続けてもらうことや 誰かから、習いつづけること いわゆるティーチング(teaching)を やめた方がいいということです。   なぜか。   習う人や教えてもらうという姿勢でいる人は 必ず「先生と生徒」「情報をたくさん持っている人ともらう人」 というように上 […]